風光明媚な天草の大自然
高級ブランド極上車海老

明治時代から行われた稚エビからの養殖業
100年以上の歴史の中で発達した養殖技術

明治時代から行われた稚エビからの養殖業
100年以上の歴史の中で発達した養殖技術

養殖場紹介

圧倒的なスケールを誇る
天草島屈指の大規模生簀

上天草、維和島で総面積16,500坪を保有する
熊本県八代海を最大限に利用した環境づくり

上天草、維和島で総面積16,500坪を保有する
熊本県八代海を最大限に利用した環境づくり

車海老の育て方

命ある生き物を育てる
たゆまぬ人の努力の証

天草諸島特有の干満の差を活かした
もっとも過酷な巨大生簀の清掃作業

天草諸島特有の干満の差を活かした
もっとも過酷な巨大生簀の清掃作業

生簀の清掃風景

究極の鮮度と味を追い求め
口の中でほとばしる美味しさ

養殖車海老の最大の特徴はその豊かな甘み
毎日与えられる上質な餌が味の決め手となる

養殖車海老の最大の特徴はその豊かな甘み
毎日与えられる上質な餌が味の決め手となる

車海老の食べ方

熊本県上天草 車海老養殖

車海老(クルマエビ)の養殖で全国的にも有名な天草市維和島(いわじま)。天草は有明海と八代海によって挟まれた熊本県の天草諸島で、車海老は県の魚にも指定されているほどの車海老です。
維和島は宇土半島の先端、大矢野島と戸馳島に挟まれて浮ぶ島です。大矢野島と維和島へは西大維橋と東大維橋の2つの橋が連なって架かっています。
西大維橋は大矢野島と維和島手前の野牛島に架かる橋です。維和島は別名「千束蔵々島」と呼ばれており、ユニークな作品で知られる「蔵々窯」があり、古墳も多く見られます。
明治38年(1905年)に全国で初めて車海老の養殖が行われた島で、クルマエビは今でも町の特産品となっております。熊本県天草産の車海老は、全国的にも有名で東京に出荷されているものの多くは維和島の近辺で養殖されたものなのです。

上天草市は車海老養殖の本場

株式会社フジオカは1899年の創業から120周年を迎えました。熊本県上天草市で車海老養殖を開始した当初は1,500坪の生簀(いけす)から養殖を始めて、地元の皆様のご協力及び提携により順調に良質な車海老を提供できるようになりました。3年程前に生簀の総面積を10,500坪まで拡張し、翌年2月には事務所兼作業場と新たに6,000坪の生簀を設け総面積16,500坪となりました。今後も天草ブランド車海老の発展のために地域の皆さまとご協力していきながら更なる良質な車海老の生産に努めてまいります。

徹底した生簀の管理

現地の天草では生簀の清掃から車海老のエサやりなどを毎日欠かさず行っております。生簀は自然の海に囲いをした天然の生簀です。また車海老にとって、潮の流れを利用し海中に酸素を送り込むことも重要な作業です。生き物を育てるという事は自然環境に大きく影響してきます。天候状況や海水温、餌の食べ具合など車海老の健康を十分に配慮し、徹底した管理の下で良質なエビを育てております。

風光明媚な天草の大自然
ブランド車海老

明治時代から行われた養殖業100年以上の歴史の中で発達した養殖技術

STORY

車海老の養殖はこの天草諸島特有の海の干満の差を利用して行います。石垣を積んで囲った大規模な生簀は、高低差が約5-6mに及ぶ自然の海の出入りを利用して常に綺麗な海水を循環して管理しています。5月~6月は車海老の赤ちゃん(稚えび)を生簀に放流するために、一度生簀の海底で眠っている車海老を地元の学生らにも手伝って貰いながらすべて取り上げて他の生簀に移し、海底の貝殻や石、ゴミを清掃して砂地を綺麗にする作業を行います。
約2ヶ月間に渡る生簀の清掃が終わり、ようやく7月に新しい命の稚えびの放流が行われています。秋まで毎日エビが大きく成長するように餌やりと海中に潜り観察を繰り返し、11月頃の新物えびの出荷を迎えます。
※活車海老の出荷期間: 11月上旬~翌年6月頃まで

天草車海老の未来は彼らによって守られている。

フジオカ 車海老事業部 天草 車えびに人生を懸けた物語

天草 車海老人生
Prawn Life in Amakusa

上天草を舞台に車海老養殖の生き残りを懸けた
エビ漁師の壮大なアドベンチャー「エビ人生」
日中は海中の砂の中で潜って眠っている車海老は夜行性のため、日が暮れる夕方頃から活動する。
毎晩夕方に餌やりを行い、日中は餌の食べ残しがないかなど、海へ潜り車海老の状態を日々観察する事も大切だ。

素材の良さですべての料理が引き立つ
極上の車海老アレンジで至福のひと時

高級料理店、プロのシェフを唸らせる豊かな味わいは
料理人の創造を掻き立てさらに美味しく生まれ変わる。

TOP